住民の方の話ですと以前はもっと生い茂っていたのですが、近くを通るJR仙石線の地下化に伴って地下水が減ったのか、毎年枝が枯れて折れているとのことです

宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木

宮城野八幡神社側から見る乳銀杏の木

宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木

乳銀杏の木からたくさんのお乳が垂れ下がっています。ここは個人宅だったため住民の方の了解を得て撮影させて頂きました

宮城野区の乳銀杏の木

乳銀杏の鮮やかな黄色の葉が青空に浮かび上がります

< 平成22年11月11日撮影 >

乳銀杏の木からたくさんのお乳が垂れ下がっています(ここは個人宅のため隣の八幡神社から撮影)

上の方から黄色が鮮やかになってきています

宮城野八幡神社の赤い鳥居と銀杏の黄色が競演して鮮やかな秋を表現しています

宮城野八幡神社側から見る乳銀杏の木

宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木

平成22年5月17日撮影>

宮城野区の乳銀杏の木

< 平成22年11月21日撮影 >

乳が垂れ下がっているように見える乳銀杏の木(八幡神社から撮影)

乳銀杏の黄色ともみじの赤のコラボ
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
乳銀杏のあざやかな黄色ともみじの赤のコラボレーション

< 平成22年11月18日撮影 >

宮城野区の乳銀杏の木
宮城県仙台市宮城野区銀杏町に国の天然記念物に指定されている「苦竹のイチョウ」および「乳銀杏(ちちいちょうのき)」と呼ばれる巨木があります。
樹齢は推定1200年で、高さ約32メートル、周囲は約8メートルです。
幹から根の一種である気根が多数垂れ下がっている様が乳房に似ていることから「乳銀杏」と呼ばれるそうです。また、ここの地名が「銀杏町」の由来にもなった木とのことです。
Internet Explorer 11を使用すると写真と文字の配列がずれます”
メニューバーの
ツール(T)をクリックして、プルダウンメニューの互換表示設定(B)をクリックして「互換表示設定」のウィンドウを表示、
追加するWebサイト蘭に当ホームページURLの「coocan.jp」があるのを確認して
「追加(A)」をクリックする。
「閉じる(C)」でウィンドウを閉じ.ることで文字の「ずれ」が改善します” 
宮城野区の乳銀杏の木
宮城野区の乳銀杏の木
仙台市宮城野区の乳銀杏の木

作成 2010.05.20
更新 2010.11.23

宮城野八幡神社側から見る樹齢1200年の乳銀杏の木


宮城野区の乳銀杏の木
こちらは乳銀杏の木のお宮の鳥居です
樹齢は推定1200年で、高さ約32メートル、周囲は約8メートルの国指定天然記念物の乳銀杏の木

下枝空撮写真部屋トップ(宮城県の観光風景写真)ページへ

下枝空撮写真部屋トップ(宮城県の観光風景写真)ページへ


[ リンクは自由です ]