< DJI製ファントムW >

マルチコプター空撮装置
空撮装置ファントムW
ラジコンヘリコプターの操縦ができない人でも簡単に飛ばせるマルチコプターが急速に普及していますが、これから始める方はラジコンの危険性について一度考えてみてから楽しんでほしいと思います。
ルールおよびマナー等をしっかり守って飛ばせば快適に大空を舞い大変楽しいアイテムですが、飛ばす人の取扱いが誤ったり安全意識が欠如して甘くみたりすると大変危険な凶器になります。
以前に、私の所属するラジコンクラブのホームページで「ラジコンの事故防止について」を、事故事例をもとに特集したことがありますのでアクセスして頂ければと思います。

角田ラジコンクラブホームページ 平成25年7月ページ

事故事例によるラジコンの事故防止について

バッテリー: リポ 11.1V 5200mAh
(本体、カメラ、画像伝送装置兼用)

プロペラ以外は組立済で、プロペラガードを付ける場合はオプション購入になる。
ファントムUビジョン+は機体が小さいので遠く離れたら見にくいかと思ったのでが、
エア・スキッパー90(電動)の姿勢制御のために目の離せないことからすれば、こちらの自立安定のために操作は大変楽でラジコンヘリを飛ばせない人でも飛行は可能です。
(ラジコンの危険性を十分に認識をして常に安全意識を持って飛行させることと、責任賠償保険のラジコン保険加入は最低限の義務になります)

万が一、制御系にトラブル等が発生して暴走墜落などに至ったことを考えても、ファントムUビジョン+の方が第三者等に与える危害ははるかには小さいと思われます。
エア・スキッパー90(電動)空撮装置のメインローターは、固いカーボン製で回転する直径は2m弱あり、これが約毎分2000回の超高速で回っています。
制御不能等のトラブルが発生すると凶器に変貌する恐れがあり、飛行場所を制限して被写体の近くの水田の上など絶対に万が一墜落しても安全と判断されるところから撮影しています。
ファントムUビジョン+(左) と エア・スキッパー90(電動)空撮装置(右)
送信機周波数: 922MHz
送信機伝送距離: 700m
画像伝送装置周波数: 2.4GHz
画像伝送装置伝送距離: 700m

自立安定自動制御のほか、機体を見失っても「GO HOME」設定により離陸した場所へ自動で帰って来て自動に着陸する。

モニター用ディスプレイは別途手配(スマートホン等で対応)になります。
何と言ってもこのクラスの機体で撮影画像がモニターできるのは大変有難い機能です。
ファントムUビジョン+
ファントムUビジョン+ 後側
マルチコプター(ドローン)空撮装置 ファントムUビジョン+
Internet Explorer 11を使用すると写真と文字の配列がずれます”
メニューバーの
ツール(T)をクリックして、プルダウンメニューの互換表示設定(B)をクリックして「互換表示設定」のウィンドウを表示、
追加するWebサイト蘭に当ホームページURLの「coocan.jp」があるのを確認して
「追加(A)」をクリックする。
「閉じる(C)」でウィンドウを閉じ.ることで文字の「ずれ」が改善します” 

[ リンクは自由です ]


マルチコプター(ドローン)空撮装置 ファントムUビジョン+
マルチコプター(ドローン)空撮装置 ファントムUビジョン+
カメラ画素数:1400万画素(4384×3288)
ビデオ録画: 1080p30/1080i60(フルハイビジョン)

カメラの撮影角度は、マルチコプターの姿勢が変わっても常に地上に対して設定した位置を維持するため目的の画角が大きくずれることがありません。

ほかに、カメラ機能としては写真サイズ(画素数)、写真フォーマット(JPEG.RAW)、ISO感度、露出補正等がありますが、
カメラマニュアからすると、シャッターおよび絞り設定があると嬉しく、更にズームがあれば最高です。
絞り(F値)は2.8で固定してシャッタースピードで露光を調整していると思われます。
レンズの焦点距離もかなり広角ぎみで、撮影した画像のあおりを修正するソフトが必要なようです。
ファントムUビジョン+ 前側
マルチコプター(ドローン)空撮装置 ファントムUビジョン+

これまでのエア・スキッパー90(電動)空撮装置にあわせて、マルチコプター(ドローン)による空撮を始めました。
このマルチコプターは、DJI製のファントムUビジョン+(PHANTOM2 VISIO+)でほぼ完成で発売されていて、自立安定装置が装備されGPSによる自動飛行も可能な機体です。
ラジコンヘリコプターのような複雑なプロポの設定はないのですが、その分、機体本体および画像中継装置(ipod)のデータダウンロード等が必要で高齢者の私には随分と悩まされました。
ラジコンヘリは常に姿勢制御が必要なために遠く離れた機体から目を離すことが出来なかったですが、比較にならないほどの格段に飛行操作は楽で安心して飛行操作が出来ます。
もうひとつ大きなメリットは、90クラスヘリのメインローターの高速回転による危険性からも、このマルチコプターは小型でヘリのメインローターからはプロペラは小さくガードの取付けも可能なため大幅に危険性が減っています。
平成27年3月28日


< DJI製ファントムUビジョン+ >

ファントムWは前方に障害物があると検知して自動停止する機能がありますが、
側方と後方にはこの機能はありませんので、万が一システムにトラブルが発生してマルチコプターが暴走した場合に備えて、私は人および物への危害を最小限にするためプロペラガードを付けています。
また、マルチコプターが遠方に離れている場合の視認性向上へのメリットもあります。

空撮装置ファントムW
空撮装置ファントムW
空撮装置ファントムW
空撮装置ファントムW
空撮装置ファントムW

DJI製ファントムW

空撮装置ファントムW

下枝空撮写真部屋トップ(自己紹介・私のラジコン)ページへ

ファントムW

作成 2015.03.28
更新 2016.11.30

無料カウンター

ファントムUビジョン+の後継機としてファントムWを導入しました。
平成28年11月30日