作成 2012.07.31


下枝空撮写真部屋トップ(その他の観光風景写真)ページへ

下枝空撮写真部屋トップ(その他の観光風景写真)ページへ

[ リンクは自由です ]


このページのトップへ

騎馬武者行列>

 「相馬野馬追」(そうまのまおい)は、私の生まれ故郷である福島県南相馬市(旧原町市)を中心に相馬地方において開催され、
戦国時代のその昔から一千有余年の歴史を持つ国の重要無形文化財に指定されている伝統行事です。
昨年から開催日が変更され、7月の最終の土曜日、日曜日、月曜日の開催になりました。
土曜日が宵祭り、月曜日が野馬懸、日曜日が本祭りの騎馬武者行列の後、南相馬市原町区の雲雀が原において、
古式甲冑競馬(かっちゅうけいば)、三妙見神社の赤・青・黄に染め分けた旗を花火で打ち上げこれを奪い合う神旗争奪戦(しんきそうだつせん)が勇壮に行われます。
 平成23年の昨年は、東日本大震災および福島第一原子力発電所事故に伴って、相馬中村神社のある相馬市においての縮小されての開催でしたが、
今年度は震災復興の願いもあり例年規模で盛大に開催されました。
平成24年7月29日に実施された古式甲冑競馬および神旗争奪戦の様子を中心に撮影して来ましたので紹介します。

Internet Explorer 11を使用すると写真と文字の配列がずれます”
メニューバーの
ツール(T)をクリックして、プルダウンメニューの互換表示設定(B)をクリックして「互換表示設定」のウィンドウを表示、
追加するWebサイト蘭に当ホームページURLの「coocan.jp」があるのを確認して
「追加(A)」をクリックする。
「閉じる(C)」でウィンドウを閉じ.ることで文字の「ずれ」が改善します” 

唯一の主要幹線道路を悠々と闊歩する野馬追の帰り馬


騎馬武者行列  古式甲冑競馬  神旗争奪戦 その他 
相馬野馬追 2012
震災復興
集結した騎馬隊が、野馬追通り(旧国道6号線)を祭場の雲雀が原までの約3kmを、
相馬太田神社に供養する中之郷(南相馬市原町区)、相馬小高神社に供養する小高郷(南相馬市小高区)、標葉郷(浪江町、双葉町、大熊町)、
しんがりは、相馬中村神社に供養する北郷(南相馬市鹿島区)、宇多郷(相馬市)の順で雲雀が原の本陣を目指して進軍します。
例年ですと、500余頭の騎馬武者が居並びますが、それでも今年は400余頭の騎馬武者が威風堂々にして豪華絢爛な時代絵巻を見せてくれました。

武者を振り落して逃げ回る騎馬

武者を振り落して逃げ回る騎馬

騎馬の水の飲み場

武者と馬具を振り落して後ずさりに逃げる騎馬

甲冑競馬コースの外側はシャッターチャンスを待つカメラマンで一杯です

私も今年は早めに場内撮影許可証の発行を受けてここで撮影です

祭場地雲雀が原と観覧席の様子です


その他>

このページのトップへ

総大将と相馬中村神社の退陣

総大将と相馬中村神社の退陣です

第3コーナーを勇壮に駆け抜けます

最終レースでも落馬が発生、右奥を走る騎馬から武者がここで突然に消えています

相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦
相馬野馬追 神旗争奪戦

騎馬武者たちが舞いながら下りてくる神旗を目指して群がり、神旗を奪い合う戦場の戦国絵巻を繰り広げます

三妙見神社の神旗が2本ずつ花火で打上げられ空を舞いながら下りてきます

このページのトップへ

相馬小高神社、相馬太田神社および相馬中村神社の御神旗が打上げ花火により大空へ打上げられ、
天高く打ち上げられた二本の御神旗がゆっくりと舞い降りてきます。
その御神旗を目指して数百騎の騎馬武者が群がり、鞭を振りかざしながら勇猛に御神旗奪い合い、雲雀が原は戦国時代の戦場と化します。

神旗争奪戦>

相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬

最終の第10回目は10頭立てで行われましたが、やはり怒迫力の甲冑競馬でした

相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬

勝騎馬武者の雄叫び!

相馬野馬追 古式甲冑競馬

今年も落馬が、騎馬は防護柵に体半分を突っ込んでいます

相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬

総大将および各妙見神社が祀られている本陣

1位入賞の騎馬武者

相馬野馬追 古式甲冑競馬
相馬野馬追 古式甲冑競馬

第2回目以降は例年8〜10立てですが、今年は4〜6頭立てで行われたいました。それでも勇壮な戦国絵巻の競馬が見られました

第2回目以降は例年8〜10立てですが、今年は4〜6頭立てで行われたいました。それでも大迫力の戦国絵巻の競馬が見られました

第1回目の甲冑競馬は例年2〜3頭立てで旗指し物は無しで走っているようです

相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列

古式甲冑競馬>
兜を脱ぎ白鉢巻きを締めた若武者が、旗指し物をなびかせ一周千メートルを人馬一体となって疾走します。
連年ですと、10頭立てで10回行われますが、今年は4頭から6頭立てが主で1回のみ10頭立てと少ない騎馬数でしたが、それても勇壮な戦国絵巻を見ることができました。

このページのトップへ

相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追 総大将役相馬市長

総大将と相馬中村神社の退陣

総大将と相馬中村神社の退陣

総大将と相馬中村神社の退陣

祭場地雲雀が原の本陣と観覧席の様子です

相馬野馬追 騎馬武者行列 三妙見神社である相馬大田神社、相馬小高神社、相馬中村神社の順で騎馬武者行列が行われます
相馬野馬追 騎馬武者行列
相馬野馬追祭執行委員長の南相馬市長 (通り過ぎて気が付きました)
相馬野馬追総大将役の相馬市長
総勢400余頭による騎馬武者行列ですが、今年は女性騎馬武者と子供さんの騎馬武者にカメラの焦点を合わせて見ました
相馬野馬追 古式甲冑競馬