海岸直近のこの付近の住宅はほとんどが津波に押し流されたところですが、今はガレキの一次保管場所になっています。

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

ガレキは除去されていますがコンクリート基礎は残りっています。奥の水たまりは水田ですが地形が低いため地盤沈下か重なり今でも浸水しています。

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

この付近は海岸に近い地域のためほとんどの住宅が津波に押し流されたところです。
ガレキの除去および残ったものの破損等の住宅の撤去がほぼ終わっているようです。コンクリート基礎等は残ったままです。

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

この付近は海岸に近い地域のためほとんどの住宅が津波に押し流されたところです。
ガレキの除去および残ったものの破損等の住宅の撤去がほぼ終わっているようです。コンクリート基礎等は残ったままです。

6ヶ月後

震災後の隈崎付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の隈潟付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

大量の押し流された自動車およびガレキは除去されています。しかし、水田には雑草が生い茂り大草原のようになつています。

震災後の青沼付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の青沼付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の青沼付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の青沼付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

この付近は阿武隈川堤防を越えてきた津波に住宅が大きく破壊されたり津波に押し流されたところです。
ガレキの除去および津波に破壊された住宅の撤去がほぼ終わり、被災後に一変した風景が最近になってまた一変してしまっています。

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

この付近は阿武隈川堤防を越えてきた津波に住宅が大きく破壊されたり津波に押し流されたところです。
ガレキの除去および津波に破壊された住宅の撤去がほぼ終わり、被災後に一変した風景が最近になってまた一変してしまっています。

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

6ヶ月後

震災後の明神西付近 (平成23年3月20日)

(平成23年9月6日)

震災前の亘理町逢隈高屋 (平成20年3月27日)

震災前の亘理町逢隈高屋 (平成16年9月15日)

マリンレインボーブリッチに押し上げられた建築物の一部、自動車および漁船等は除去されています。

震災後の鳥の海付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の鳥の海付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

この付近は鳥の海に入ってきた津波に住宅が大きく破壊されたり津波に押し流されたところです。
ガレキの除去および津波に破壊された住宅の撤去がほぼ終わり、被災後に一変した風景が最近になってまた一変してしまっています。

震災後の鳥の海付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の鳥の海付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の鳥の海付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の藤平橋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の藤平橋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

陸に押し上げられた漁船はほとんど片付けられています。

震災後の藤平橋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

東日本大震災前の亘理町荒浜 (平成16年9月15日)

東日本大震災前の亘理町荒浜 (平成20年4月23日)


亘理町四方山から見る東日本大震災から約6ヶ月後のる亘理町鳥の海方面 (平成23年9月7日)

このページのトップへ


震災から約6ヶ月の今は、被害が甚大だった地区のガレキは除去され、津波に流されなかったものの損傷が大きい家屋等はコンクリート基礎を除いて取り壊され撤去されました。
被害直後の悲惨な情景に唖然と立ち空くす思いでしたが、今は、以前の街並みの建物が無くなって広々とした荒景に胸が締め付けられる思いがします。

平成23年3月11日14時46分、マグニチュード9.0の巨大地震が発生、宮城県北部が震度7、私の住む亘理町も6強の大きな揺れでした。
その後、こちらも大船渡市三陸町で23m、亘理町でも7m以上((6/11河北新報 12.2m))の大津波が押し寄せ、多くの人および家などの財産を押し流してしまいました。
私の住む宮城県亘理町もこの大津波による甚大な被害を受けました。
この東日本大震災発生後に被害状況を撮影しましたが、それから約6ヶ月後の被害および復旧状況を撮影しましので比較しながら紹介します。

下枝空撮写真部屋トップ(東日本大震災復旧復興記録写真)ページへ

亘理町<荒浜地区>の震災直後と6ヶ月後の比較

いちご農家が復興に向かって鋭意いちごハウスの組立作業をしていました。

3月の被災後にはすごい光景のため何処にいるか分からず撮影していましたが、今はガレキは片付けられ道路は整然となりました。

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

津波に陸に押し流されてきた漁船、破壊され流されてきた家屋とは片付けられました。
水田は荒れたままですが、あぜ道には花がきれいに咲いています。

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

荒浜漁港付近のガレキ等は片付けられ、漁船および漁具等も整理されてきており復興の兆しが見えます。

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の御狩屋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

6ヶ月後

ゲートボール場は被災した漁船の仮置き場になっています。)

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

仮設の防潮堤の工事が行われています。

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月24日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月24日)

(平成23年8月30日)

震災後の築港通り付近 (平成23年3月24日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

6ヶ月後

津波により大破していたディサービスセンター鳥の海荘は基礎部を除き解体されました。

震災後の築港通り付近 (平成23年3月24日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月24日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月2日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

ガレキが大きな山のようになっています。このようなガレキの山が沢山発生しています。

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

被災のシンボルのような存在だった宮城漁協亘理支所の建物も解体されていました。

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の築港通り付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

陸に押し上げられた漁船はほとんど片付けられています。

震災後の藤平橋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

鳥の海内にあった破壊された漁船、自動車、大量のゴミは除去されています。

震災後の藤平橋付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

(平成23年8月30日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

震災後の中野付近 (平成23年3月20日)

震災後の新釜付近 (平成23年3月20日)

震災後の我妻付近 (平成23年3月20日)

震災後の新釜付近 (平成23年3月20日)

震災後の我妻付近 (平成23年3月20日)

震災後の我妻付近 (平成23年3月20日)

震災後の我妻付近 (平成23年3月20日)

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

6ヶ月後

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

(平成23年8月30日)

6ヶ月後

震災後の篠子橋付近 (平成23年3月20日)

下枝空撮写真部屋トップ(東日本大震災復旧復興記録写真)ページへ

Internet Explorer 11を使用すると写真と文字の配列がずれます”
メニューバーの
ツール(T)をクリックして、プルダウンメニューの互換表示設定(B)をクリックして「互換表示設定」のウィンドウを表示、
追加するWebサイト蘭に当ホームページURLの「coocan.jp」があるのを確認して
「追加(A)」をクリックする。
「閉じる(C)」でウィンドウを閉じ.ることで文字の「ずれ」が改善します” 

[ リンクは自由です ]

震災前の亘理町荒浜 (平成16年9月15日)

震災前の亘理町荒浜 (平成20年3月27日)

作成 2011.09.19